今朝は、結局のところ、好きな紺色のスカートを履きました。
こちらは、うれしいことに、色だけではなくて、丈や細いプリーツも、私好みなのです。

この洋服のデザイナーさん、ありがとうございます、心より、言葉をプレゼントしたいものです。
先日は、昨年の冬から今年の冬か、もしかしますと、今年の春まで、喜んで履いていました黒色のプリーツ・スカートを、1点、クリーニング店に出しまして、取りに行ってきました。
なんとなく、目には見えない汚れまで、すっかりと洗い落とされた感じでした。
ですから、本当は、クリーニング店に出す前は、もう、こちらのスカートとは、お別れにしよう、リサイクル・ショップに売りに出そうと思っていました。
そして、実際に、いくつかのリサイクル・ショップやリサイクル・コーナー、お洋服のリフォーム店まで、歩いて、交通費も自己負担をしまして、持参をしていました。

こちらの洋服は、約30歳ぐらいの女性が読者層のような雑誌に掲載をされているブランドなのです。